11月 25日

包茎の治療法はじっくり選んで慎重に決めよう

包茎を改善できる方法は2つある

男性の性器は体の成長と共に大きくなるため、大人になれば自然と剥けている状態になります。しかし、人によって性器の成長度合いは異なりますし、包皮の長さや厚みにも違いがあることから、望んでいないにもかかわらず包茎の状態で落ち着いてしまう可能性はあります。しかし、包茎だったとしても軽度であれば、日常生活や女性との付き合いで大きな影響を受けることはないでしょう。ですが、重度の場合や亀頭が包皮被っていることに納得できない場合は、包茎を改善するための治療を検討すべきです。亀頭を露出できれば良いと考えている場合は、少しずつ剥き癖を付けることで包茎の状態が良くなる場合があります。しかし、余分な包皮が不要な場合は手術を選択すると良いです。

負担の少ない方法から試す

包皮を少しずつ剥いていく治療法と手術で包皮をカットする治療法のどちらを選択しても個人の自由ですが、いずれの場合も慎重に選んで決めることが大切です。ただ、できるだけ負担の少ない治療法から試すことをおすすめします。徐々に包皮を剥いていく治療法は負担が少ないため、手術よりも前に実施してみるべきです。しかし、仮に剥けるようになったとしても包皮が余ってしまったり、長すぎるので剥けなかったりなど、色々な状況が考えられます。そのため、できるだけ早く、確実に剥けた状態にしたいのであれば少しずつ剥いていく方法を飛ばし、いきなり手術に踏み切る選択肢も有効でしょう。ただ、色々な病院が手術を受ける候補になるので、料金や実績などを見て丁寧に決めるのがポイントです。

包茎とは、ぺニスが皮を被っている状態です。手術のイメージがありますが、赤ちゃんのうちから毎日少しずつ剥いてあげることで簡単に改善します。