10月 4日

スマートフォン開発に欠かせないリバブレーションチャンバー

リバブレーションチャンバーとは

リバブレーションチャンバーとは特殊な装置の1つで、無線機器の電波への耐性や通信性能を評価するために使用されます。装置内ではIEC61000-4-21規格にのっとって作成した攪拌機をつかって電界フィールド作成し、電波を装置内で反射させることによって電波のある空間を再現させます。等方性のよい電界フィールドがつくられるため、屋内の電磁環境のみならず屋外での環境までも装置内で再現できるのが特徴です

リバブレーションチャンバーの必要性

リバブレーションチャンバーは、ノイズを発生させない反射反響室内で使用する電磁波環境試験室の1つとして使用します。長い反響時間を生み出すように作られているため品質の良い電磁界を生みだすだけでなく、様々な電磁状況も作ることができるため電子機器の評価および研究にも欠かせません。そのため、品質の悪いリバブレーションチャンバーだと研究に支障がでたり、評価がおこなえなくなる場合があるので、品質の良さが問われるのが特徴です。

リバブレーションチャンバーの今後

リバブレーションチャンバーは無線端末の双方向性受信感度や通信時のループット性能など無線端末の性能を多角的に検査することができますそのためスマートフォンだけでなく様々な無線機器の開発および性能を評価するために頻繁に使用されます。現在でもスマートフォンなどの無線端末は小型化や新技術の誕生といった技術革新がおこなわれており、精密かつ多角的な評価がおこなえるリバブレーションチャンバーの必要性は今後もましていくと考えられます。

リバブレーションチャンバーは高いレベルで電磁界を発生させて、スマートフォンや携帯電話などでアンテナの受信感度を測定したり、ノイズ対策などに必要なシミュレーターです。