10月 4日

効果絶大!?LED照明に変更することで生活が快適になるのはなぜか

電球の交換頻度が圧倒的に少なくなって快適

LED照明は、寿命が非常に長いという特徴を持っています。したがって、電球の交換頻度が圧倒的に少なくなるわけですね。長い場合は十年以上も交換をしなくてもよくなります。これは、快適な生活のためには役立つ特徴だと言えそうです。飲食店では多数の照明を使うことになりますが、それらをすべてLEDにしておけば交換の手間が省けます。家庭でも長寿命なのは歓迎ですよね。家庭内にも電球を交換しにくい場所は多いですし、高齢者は交換作業も困難になります。

電気代が安くなるので支出が抑えられる

LED照明は、電気代が非常に低くなるという特徴も持っています。電気代は、従来の蛍光灯の数分の一になるのが普通です。長時間点灯させ続けていてもあまりお金がかからないのは、生活の快適性に繋がります。ダイレクトに支出が減らせるので、毎月の電気代をチェックするのも楽しくなります。消費電力量が少ないということは、それだけ環境にも優しいということです。LED電球に交換をするだけで、地球環境維持のために貢献できるのですからすごいですね。

熱を発生させないので夏でも涼しい

蛍光灯は、長時間点灯させておくとどうしても熱を発生させてしまいます。白熱電球も熱という文字が入っていることから分かる通りに、熱くなります。これらは、部屋の温度を上昇させる原因にもなります。夏場暑い部屋を少しでも涼しくしたいなら、部屋の電球をすべてLEDにするのはいい方法になりますね。LED電球は、ほとんど熱を発生させません。長時間点灯させ続けていても、部屋の温度上昇には繋がらないので最高です。

LEDライトパネルは、長時間使用しても消費電力を抑えられる省エネ性に加え、バックライトの交換頻度を減らせる寿命の長さも魅力です。