10月 3日

これで安心!ノイズが入らないアンテナ設置のコツ

受信データにノイズが混ざる原因とアンテナの関係

テレビやラジオなどのデータはアンテナで電波を受信することで再生することが出来ますが、ノイズが混在するとデータに乱れが生じて上手く受信できません。ノイズは気候の変動や電波を遮る障害物の他に、アンテナの状態も大きな発生原因の一つです。アンテナは単に設置するだけではなく、向きや大きさ、材質などを考慮することが重要になります。また、古いアンテナはサビや変形などの不具合が生じて受信機能が低下することがあるため、設置の際は傷みが無い新品を選ぶことが大切です。また、電波は様々な種類が無数に飛び交っています。そのため、アンテナを使う際はノイズに繋がる余計な電波まで受信しないように調節することが重要になります。

住宅にアンテナを正しく設置する工夫

住宅に設置するアンテナはテレビ用の電波を受信する物が一般的です。テレビ用の電波は決められた方向にアンテナを向けないと綺麗なデータを受信出来ないので、必ず正しい方向へ設置します。また、周囲に建物や立ち木があると遮蔽物になってしまい、ノイズの原因になります。そのため、支柱を使って高所にアンテナを置くなど綺麗な電波が受信出来るように工夫することが大切です。

複数の世帯が一つの建物にある集合住宅は高層建築の物件が多いので、遮蔽物に邪魔されずに綺麗な電波が受信出来る利点があります。その一方で世帯ごとにアンテナの設置が必要な場合は複数のアンテナ同士が電波の受信を妨げてしまうケースがあります。アンテナ設置の際はお互いに受信障害の原因にならないように、高さや置き場所を工夫するように心がけます。

工事代金を抑える目的でアンテナ工事を考えている方も少なくありませんが、工事自体は自分で行うことはできます。しかし、専門的な知識も必要となってくるので、専門の業者に依頼した方が安心できます。