9月 29日

まるで庭園!?草花に囲まれたガーデニング霊園

終活している人に注目のガーデニング霊園とは

人生の終わりに向けて、自ら前向きに準備する「終活」。そのひとつとしてお墓を用意しておくという人も増えています。その理由は、「残された家族に、お墓を探す手間や負担をかけさせたくない」、「自分らしい墓を自分で探したい」というものが主なもののようです。

そのような人たちに、注目されているお墓のひとつに「ガーデニング霊園」があります。これは庭園のような雰囲気の霊園で、宗教の制限もないことが多く、生前に申し込んでおくことが可能なところも多くあります。

洋風で明るい雰囲気の霊園

洋風の草花が植えられた花壇に、緑の芝生。石畳の小路の脇に美しい木々が植えられているガーデニング霊園は、訪れた人に明るい印象を与えます。全体的に洋風で、どことなくオシャレな雰囲気も感じられることでしょう。まるでイギリスの庭園のように、アーチに仕立てたバラが植えられている霊園もあり、なんと、実際に英国人ガーデナーが監修したという、本格的な庭園もあります。

このような霊園であれば、残された家族も、より明るく穏やかな気分でお墓参りに向かうことができるでしょう。木や花などの豊かな自然に囲まれた場所で、心癒されるひと時を過ごすことができるはずです。

将来の安心のための終活

このように、今の時代に合った明るい雰囲気を持ち、心穏やかにお参りできるガーデニング霊園の数は、各地で増えています。終活中で、これからお墓を用意したいという場合には、実際に見学に行き、雰囲気を確認してみることをおススメします。

いせやは安くて美味しい庶民が集う焼き鳥屋さんです。東京の吉祥寺に2店舗あり、週末は炭火の煙が立ち込める店先に、お客さんが列をなしている人気店です。